1. TOP
  2. TOEIC勉強法
  3. TOEIC990満点の難易度とレベルは?リーディング・リスニング勉強法

TOEIC990満点の難易度とレベルは?リーディング・リスニング勉強法

こんにちは。田村恵理子です。

「どうやったら、TOEIC満点が取れますか?」と、時折ご質問を頂きます。

初めに、お断りしておきます。私自身は990点満点を取っていますが、生徒さまに990点を目指すことはお勧めしておりません。

趣味と割り切るのであれば、ありでしょう。トライアスロンのようなストイックな趣味です。

なぜ満点を目指すことをお勧めしないのか、そもそも、990点満点の英語力は、どれ位のレベルなのか?そして、それでも満点を取りたい場合のアドバイスなどを、この記事にまとめていきます。

TOEIC対策のマンツーマン・コンサルの様子

インターネット発表のTOEIC990満点スコア

990点の英語力レベルは?本当にすごいの?

非ネイティブスピーカとしては、かなりすごいレベル

TOEIC990点取っても、「英語ができない。」という話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、日本人の中では、客観的にみてTOEIC990点の人は、かなり英語ができます。

TOEICテストは、それなりに公正なテストです。少なくともビジネスで使う基本的な英語力に関しては客観的な指標になりえます。小手先のテクニックを駆使しても英語力がなければ990点満点は取れません。

TOEIC800点と900点の英語力は、全然違いますし、900点と990点の英語力も違います。

つまり、TOEICリスニング&リーディングテストで990点取っていると言うことは、英語を読み、聞きとる能力に関しては、英語非ネイティブスピーカーとしては、それなりに高いレベルと言えます。

TOEIC満点でも英語ができない?

TOEIC990点でも、英語ができないと言う話もよく聞きます。

いくつか、理由が考えられます。

TOEICテストは、あくまでビジネス・日常英会話の最大公約数

第1に、TOEICテストは、あくまでビジネス・日常英会話の最大公約数だからです。TOEICテストは、様々なビジネス分野や日常の場面の公約数的な、一般的な話題を扱っています。専門的な話題は登場しません。

ですから、TOEIC満点を取っていても、特定の分野の専門的な英単語や表現は、知らないわけです。その意味で、TOEICは900点程度で卒業して、あなたの専門分野で必要な英語や、スキルを身につけた方が、実際に仕事で使えるようになるのは早いでしょう。

翻訳、通訳の場合も、翻訳スキル、通訳スキルはTOEICでは磨かれません。TOEIC900点を取ったら、満点を目指すよりも、通訳、翻訳のスキルを磨いた方が、早くプロとして仕事できるようになります。

英語が「できる」「できない」は、主観的な部分も大きい

第2に、TOEIC満点を取った人が、自身で「満点を取ったけれど英語ができない」と言うからではないでしょうか?

特に日本人は、謙遜の文化がありますから、堂々と「英語はできます」と言う人の方が少ないかもしれません。

英語が「できる」「できない」というのは、主観的な部分も大きいです。

英語が、できるようになれば、なった分、自分の英語はまだまだだということも見えて来ます。

自分のレベルが上がるたびに、それまで見えなかった景色が見えてくるのです。

ですから、990点取った人が自分の英語力はまだまだだと言う時、そう感じているのは、本当です。

しかし客観的に見て、非ネイティブとしてはTOEIC990点は、英語ができると言ってよいレベルです。

声を出さずにTOEICの勉強をしている場合

第3に、TOEICリーディング&リスニングテスト対策の勉強をする過程で、声を出さずに、黙読のトレーニングしかしなかったケースです。

この場合、唇や口や喉の筋肉のエクササイズをしていないわけですから、英語が話せないのは、当然です。

TOEIC990満点スコアシート

TOEIC満点は万能ではない

ただし、TOEIC満点は頂点ではない

ただし、TOEIC満点は英語のスキルとして頂点では、ありません。

言語能力について、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と呼ばれる尺度があります。

A1の初級レベルから、A2、B1、B2、C1、C2とレベルが高くなり、C2レベルは、ネイティブスピーカと遜色のないレベルとされています。

TOEICテストLRSWテストは、A1からC1までは測定できるが、C2は測定不能とされています。

もちろん、CEFRと、TOEICや英検、その他の語学試験の点数や級との関係は、一意に決めることができるものではなく、議論があるところではあります。

しかし、TOEIC満点のレベルが、最高レベルではないわけです。

なお、英検やTOEFLもC2は測定不能とされています。

ケンブリッジ英検と、IELTSでは、C2レベルとの換算が示されています。

TOEIC990を取っていても、TOEICテストで知らない単語に出会う

TOEIC990を取っていても、TOEICテストで知らない単語に出会います。

私が知らなかった!と思った単語やフレーズは、こちらの記事に、まとめておきました。

TOEIC900はスタートライン?就職、転職の際は900で十分

もちろん、TOEIC900点をとっても、まだまだ万能ではありません。TOEICテストは、ビジネス英語のベーシックなのです。

実際に、お仕事で英語を使う場合は、その業界の専門用語も必要になります。交渉や、プレゼン等の、英語以外のスキルも必要となります。

翻訳者や通訳者を目指す場合も、同じです。英語力以外に、翻訳スキル、通訳のスキルが必要となります。

私自身、初めて翻訳した時は、TOEIC900点台後半でしたが、翻訳は未経験でした。最初の案件は1ページ訳すだけで、もう本当に大変だったことを覚えています。^^;

TOEIC900点を取ったからと言って、すぐに英語で仕事ができるわけではありません。考えてみれば当然ですよね。

その意味で、「TOEIC900点はスタートライン」と言われるのでしょう。TOEICテストで、さらに950点や、それ以上を目指しましょうという意味ではありません。

TOEICテストは900点で卒業がお勧め

TOEICは900点で卒業して、専門分野の英語に、フォーカスされるとよいです。

やはりTOEIC900点から、TOEIC950点やTOEIC990点をとるための労力は、かなりのものです。

たとえば、一旦980点を達成してから、毎回必死に勉強して、TOEICテストを受けても、1年以上、満点を取れないかもしれません。

逆に言うと、TOEIC980点の人と990点の人では、990点の人の方が英語力が高いのか?と言うと、そうとは言えません。そもそも、TOEICテストでは50点は誤差と言われています。また、ちょっとしたケアレスミスはあるでしょう。両者の違いは、粘り強くTOEICテスト対策の勉強をして、何度もテストを受けているか?だけかもしれません。

ですから、お仕事で英語を活かしたいと思っている場合、TOEIC990満点にこだわらずに、実務のために必要な英語を学ばれることを、オススメします。

TOEICリーディング&リスニングテストと英会話能力

TOEICテストは、かなり実用的です。

海外出張前にTOEICの勉強をされたメルマガ読者さんから、こんなメッセージをいただいています。

TOEICの頻出単語や、リスニングに出てくる言い回しなど、

実際に使えるものばかりだったのですね!

しばらくTOEICの勉強から離れていまして、今回ようやく気がつきました。

今後の仕事の為にも、TOEICを受験しようと思うようになりました。

 そうなのです。

TOEICリスニングテストのパート3は会話文です。パート2も応答の問題です。TOEICテストには、実際の会話ですぐに使える表現が、満載です。

TOEICテストの勉強をしつつ、英会話力もアップできます。

そのためには、TOEICテスト対策の勉強に声に出すトレーニングを取り入れることです。

リピーティングやシャドウィングが効果的です。これは、TOEICの勉強と英会話の両方に効きます。

公式問題集のリスニングのCDを聞きながら、スクリプトを目で追いつつ声に出して発音してみましょう。

日本語と英語では、話すときの筋肉の動かし方が違います。英語もスポーツと同じです。実際に声に出してトレーニングしないと、口が回らず、うまく言えません。

それでもTOEIC990満点を目指したい場合は

完全な趣味

どうしても、TOEIC900点を取ったあと、TOEIC990点を目指したい場合は、山登りや、マラソンと同じように趣味としてチャレンジを楽しまれれば、よいというのが、私の考えです。

ある種、修行のようなストイックな趣味です。

あと5点や10点が取れなくて、1年以上かかるかもしれません。

その1年間を、TOEICではなく他のトレーニングにあてた方が、キャリアの面では得策です。

転職や評価の際には、TOEIC950点と990点の差よりも、そのほかのスキルがあった方が有利でしょう。

その意味で、TOEIC990点を目指すことは、完全に趣味です。

990をとる勉強法

TOEIC900点を突破したあとTOEIC990点を目指す場合は、自分にとって補強が必要なところにフォーカスすることです。

既にできているところを含めて全体を何度も繰り返すよりも、弱点に集中してトレーニングすることです。

田村の場合

私の場合は、久しぶりに受けたTOEICで900点を突破した時、975点でした。

既に英語で仕事をしていましたし、英検1級も取った後のことです。

975点から満点にするためには、やはり弱点を補強しました。

私の場合リスニングは得意ですし、当時はパート7の英文量もそれほど多くなくパート7も問題ありませんでした。

結局、パート5が補強すべきポイントでしたから、パート5に集中してトレーニングしました。

どこを補強すべきか?は人それぞれ異なりますから、しっかり見定めることがポイントです。

マニアックな話

TOEIC990点は、全問正解とは限らない?

TOEICの正答率とスコアの関係

TOEIC990点は、受験者の中での最高点です。ただし、全問正解とは、限りません。

TOEIC点数は、正答率と比例する訳ではありません。受験した回による難易度のバラツキを吸収して、常に一定の基準を保つために、スコアへの換算がなされています。換算の計算式は非公表です。

新形式TOEICのリスニングは、正答率が若干低めでも満点が取れる!?

以下は、すべて個人的な経験談です。

TOEICテストでは、リスニング、リーディング共に満点は495点です。もちろん、全問正解すれば満点のはずです。

下は、リスニング4項目の正答率全て100パーセントで、リスニング495点満点の時のアビメです。これは分かりやすいですね。

正答率全て100パーセントでリスニング495点満点のアビメ

全問正解しなくても、満点を取れることも、結構あります。

新形式になってからは、意外と正答率が低くてもリスニング満点を取れるようです。

問題が難しくなって、正答率100パーセントは難しくなり、その代わり全問正解でなくても、満点取れるようになったのかもしれません。

比較的、正答率が低くて満点を取れているケースを探してみました。下記のケースでは、80パーセント代の項目が、5項目中3つ、あったケースです。それでもリスニング495点満点が取れていました。2018年7月のTOEIC公開テストの時のアビメです。

正答率がパーフェクトでなくてもリスニング495点満点のアビメ

5項目中4項目が100パーセントでなくても、満点を取れているケースもありました。2016年12月のTOEIC公開テストの時のアビメです。他の回でも、5項目中4項目が100パーセントでないのに満点を取れているケースは、ありました。

答率がパーフェクトでなくてもリスニング495点満点のアビメ

新形式になってからは、5項目中3項目が90パーセント台でもリスニング満点が取れているケースは、さらに多いです。

旧形式の時は、そのようなことは無かったと記憶しています。

下記は旧形式の時、あと5点でリスニング満点に届かず490点だった時のアビメです。新形式では、これくらいの正答率でしたら、まず990点取れている感覚です。あくまで弊社比ですが。やはり、リスニングは新形式になって難しくなった分、パーフェクトでなくても990点を取れる回が増えたのかもしれません。

旧形式でリスニング490点の時のアビメ

新形式TOEICのリーディングは、高い正答率が必要!?

新形式になって、リーディングのパート7の英文量が増えて、難しくなったと言われています。しかし、リーディングで495点満点をとるためには、間違えても1、2問に抑える必要があるようです。

リーディング4項目の正答率全て100パーセントのアビメです。この場合は、当然リーディング495点となります。

正答率100パーセントで新形式TOEICリーディング495点満点のアビメ

 

新形式TOEICリーディングは、リスニングに比べると「正答率が若干低くてもリーディング495点満点を取れる」ケースは、あまりないと感じています。

新形式でリーディングの正答率が比較的よく、しかし、あと5点で満点に届かず490点だった時のアビメです。

新形式TOEICリーディング490点の時のアビメ

新形式リスニングでは、これくらいの正答率であれば、満点が取れることが多いです。

以上は、あくまで個人的な体験です。

TOEIC3ヶ月で100点アップ勉強法!メルマガ
TOEICテスト3ヶ月で100点アップする方法!メルマガ

お名前(名字のみ)*   

メールアドレス*


icloudや携帯メールは届かない場合があります。フリーメールでしたら gmail がお勧めです。


メルマガ読者さんの声


「945点。予想以上に伸びて嬉しいかぎりです。」

「先日のTOEIC IP テストの結果が返ってきました!結果は スコア〇〇〇。目標スコア達成です(^^)」

「もう少し早くこのメルマガを購読して、自信を持って学習すればよかったな、と思っています!」

「課題のReadingは始めて300点台を超えました。」

「初めての公開テスト受験でしたが、あっさり600点に到達しました。」

「公開テストの結果は過去最高のスコア〇〇〇でした。」

「スケジュールの立て方、勉強方法など、とても役にたちました。ありがとうございました。」


 .




TOEIC勉強法メルマガを読む

関連記事

  • パート2は難しくなったのか?TOEICリスニング応答問題の勉強法

  • 楽しいTOEIC勉強法まとめ!英語の学習法おすすめは?

  • 音読はTOEIC に効果ある?不要?オススメの勉強法

  • 産休中にTOEIC、英語の勉強をする時のコツ

  • TOEICリーディングは時間との勝負!オススメの参考書、問題集、勉強法、解き方とコツ

  • TOEIC勉強法!リスニング&リーディング 対策500点から900点まで