1. TOP
  2. 新形式TOEIC
  3. 新形式TOEICの変更点と難易度!時間配分はどうなる?

新形式TOEICの変更点と難易度!時間配分はどうなる?

新形式TOEICテストとは?新トーイックの概要

To read this post in English, click here.

いつからTOEICは新形式になったのか?

日本では、TOEIC公開テストは2016年5月から新形式となりました。韓国でも、同時に新形式TOEICテストがスタートしました。

IPテストって何?という場合は、こちらをご覧ください。

新形式TOEICは、日本と韓国だけ?アメリカは?

新形式TOEICテストは、日本と韓国からスタートしました。

韓国以外の海外では、アメリカも含めて、2018年4月から、TOEICテスト(Public test)で新形式が導入される予定です。

トーイックip(団体)テストは、新形式?

TOEIC IPテストは、日本と韓国で、公開テストから1年遅れて2017年4月から新形式となりました。

ちなみに、TOEIC IPテストのIPとは、 Institutional Program の頭文字で、団体特別受験制度のことです。企業や学校、英会話スクールなどでTOEIC IPテストが実施されています。

なお、団体で受験する場合も、TOEIC IPテストではなく公開テストの場合もあります。公開テスト団体一括受験申込の形式です。その場合は、通常の公開テストと同様に、会場や日程が予め決まっています。

新形式TOEICは、難化したのか?

感想:難しくなった?

難しくなったという感想を、よく聞きます。

特に、写真の問題で点を取っていた初心者は、そう感じられるかもしれません。新形式では、写真問題が減りましたから。

また、長文の問題が増えて、全体として、英文を読む量が増えた印象です。

点数が下がった?

ただし、新形式になっても、スコアは、下がらないはずです。点数の調整も入ります。

どうぞ、ご安心ください。^^

新形式TOEICの平均点

何が変わった?新形式と旧形式TOEICの違い

新形式TOEICでは、写真問題が減り、

恋も、リスニングも、3角関係は、若干ややこしくなることは、否めません。

図表問題も入りました。

無料サンプル問題

TOEICオフィシャルページで、新形式TOEICテストのサンプル問題をみることができます。

TOEICオフィシャルページの、サンプル問題はこちらです。

新形式の英語は実際的になった?

新形式TOEICでは、会話の問題が、増えました。さらに、2人だけではなく、登場人物が3人の会話も、入りました。

英語のフレーズも、以前よりも、口語的な表現も入りました。

図表を見ながら、答える問題も入りました。

実際の状況に、より近い状況が、テストで問われるようになったと、言えます。

文法問題は減った?

新形式TOEICテストでは、パート5の問題数が、減りました。

パート5は、空欄補充問題です。文法がピンポイントで問われることもあります。

したがって、文法について、直接問われる問題が、減ったといえます。

もっとも、文章の内容を読むとる上で、文法が必要となりますから、文法が不要という訳では、ありません。

パート5については、こちらをご覧ください。

https://toeic8.com/toeicpart5

図表、グラフ問題

TOEICの新形式テストで、図表問題が新たに導入されました。

初めて見るパターンの問題は、ちょっと難しく見えますよね。しかし、実は、図表問題は易しいです。

ですから、図表問題で、どんなタイプの問題が出るか?ある程度のパターンにあたっておかれると、よいです。

図表の問題もドンと来い!という気分になれます。^^

新形式TOEICの構成と配点

リスニングの変更点

新形式TOEICリスニングは、より実用的になりました。英会話に、そのまま活かせる表現も、たくさん登場します。

新形式テストになっても、パート1、2の内容には変更はありません。ただし、問題数が、変わりました。

2016年4月までの、TOEICテストのリスニングの各パートの問題数

2016年5月からの新形式TOEICテストのリスニングの各パートの問題数

パート1

パート1は写真描写問題です。リスニングテスト100問中、パート1は6問です。

新形式になって、写真描写問題の数は、減りました。

パート2

パート2は、応答問題です。

一人の発言を聞いて、それに対する適切な応答を選びます。

パート2は、新形式テストになって問題数が減って、25問になりました。

パート3

パート3は、会話問題です。

パート3は、新形式テストになって問題数が増えて、39問になりました。

会話を聞いた後で、3つの質問に答える問題です。

新形式では、2人だけではなく、3人の会話のリスニング問題も入りました。

会話のやり取りの回数も、多い問題が入りました。

新形式テストでは、さらに、話し手の意図を問う問題も加わりました。

パート4

パート4は、説明文(トーク)問題です。リパート4は、30問あります。新形式TOEICテストでも、問題数も、内容も、変わりません。

リーディングの変更点

なお、リーディングテストは、パート5、6、7で構成されています。全部で100問です。TOEICリーディングテストの時間は、Part 5、6、7合わせて、75分間です。

2016年4月までの、TOEICテストのリーディングの各パートの問題数

2016年5月からの新形式TOEICテストのリーディングの各パートの問題数

・パート5 短文の空欄補充問題
・パート6 長文の空欄補充問題
・パート7 長文の読解問題

新形式TOEICテストでは、リーディングの半分以上をパート7が占める
ように、なりました。
パート5

TOEICリーディングテスト問題100問のうち、パート5は30問です。
パート5には、それぞれ独立した小問が30問あります。

一つの文の一箇所が空欄になっていて、そこに入る語句を、選択肢から選びます。AからDの4個の選択肢の中から選ぶ形です。つまり、短文の空欄補充問題です。

パート5は、読む英文の量が少ないため、初心者でも取り組みやすいです。

一方、パート5の問題はすべて易しいのか?というと、そうでもありません。

TOEIC900点の上級者からも、TOEICパート5で、いまだに全問正解できないという声をお聞きします。

TOEICのパート5には、語彙を問う問題と、文法や構文を問う問題があります。

パート6

パート6は、長文の空欄補充問題です。パート6は、4問ずつセットになっています。

TOEICリーディングテスト問題100問のうち、パート6は16問です。

パート6もパート5と同様に、空欄に語句を入れる問題が4分の3を占めます。それらは、語彙を問う問題と、文法や構文を問う問題です。

ただし、セットになっている4問のうち1問は、文を挿入する問題です。文章を読んで、文脈を理解して答える読解問題です。

パート7

パート7は、長文読解問題です。

新形式になり、パート7の設問数は増えて、54問となりました。

パート7には、1文書の問題(シングル・パッセージ)、2文書の問題(ダブルパッセージ)、3文書(トリプルパッセージ)の問題があります。

3文書問題は、新形式TOEICテストで、新たに加わりました。

 

新形式TOEICの成績表(アビメ)も変わりました。

リスニングの評価項目に、新しい項目が加わりました。

一番下の「フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる」が新しい項目です。

なお、これは、リスニング満点の時のアビメです。全問正解ではなくても、満点は取れるのですよね。^^

新形式TOEICの時間配分と、解き方のコツ

時間が足りない

Part7が、終わらない

新形式TOEICテストは、パート7(長文の読解問題)が増えました。

さらに、新形式テストでは、3つの文書の関連を問う問題も、入りました。少しだけ、ややこしくなりました。

直前にスコアップするためのテクニックはある?

新形式TOEICテストはまだ受けたことがない場合、公式問題集一回分は必ず解いておかれると良いです。問題の形式を知っているかどうか?が、スコアに大いに影響するのです。

どうしても時間がない場合でも、

新形式TOEIC対策の問題集のオススメ

過去問はある?

日本では、TOEIC公開テストや、IPテストの過去問は、公表されていません。

また、TOEICテストは、公開テストもIPテストも、問題冊子は持ち帰り禁止です。問題の再現も禁止されています。

教材のオススメは?

やはり、公式問題集

TOEICテストの問題の傾向を知るためには、やはり、ETSの公式問題集がベストです。新形式TOEICテスト対応のものがよいです。

新形式TOEIC対策の勉強法の定石は?

TOEICテストの勉強法については、こちらの記事をご覧ください。

TOEIC勉強法!初心者から900点までのリスニング&リーディング (L/R)対策

TOEICテストの勉強法について、さらに深い話は、メルマガで配信しています。

\ SNSでシェアしよう! /

TOEIC研究室Bの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TOEIC研究室Bの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • TOEIC IP 日程2018年版!一般申し込み・受験できるipテストまとめ【東京、大阪、京都、名古屋、神戸など】

  • 新形式TOEICにテクニックは意味あるのか?

  • 新TOEIC Bridge テストは、どうなる?2019年リニューアル