TOEICに暗唱は効果があるのか?やり方と、例文の選び方

● TOEICに暗唱は効果があるのか?やり方と、例文の選び方

こんにちは、田村恵理子です。

「トーイックの勉強に、暗唱は有効ですか?」とご質問をいただきました。

基本的には、私はTOEIC対策の勉強として暗唱はお勧めしません。

そうは言っても、語学の勉強方法として、暗唱が効果的なケースもあります。

この記事では、英語の勉強方法としての暗唱について、まとめました。

暗唱に効果はあるのか?

トロイア遺跡を発掘した19世紀のドイツの実業家で語学の達人、シュリーマンはおすすめの勉強法をいくつか挙げています。

そのうちの一つが、暗誦をすることです。シュリーマンは暗誦により、文法などの外国語の基本的な知識を身につけたのです

ロシア語を学習したときには、先生を見つけることができなかったため、手に入れたロシア語の本をひたすら朗読し、暗記しました。その結果、シュリーマンは6週間後にはロシア語で手紙を書き、会話するまでに上達したそうです。

古代ギリシア語を学んだ時も、シュリーマンは「イーリアス」と「オデュッセイア」などの古典文学で勉強しました。

少なくとも、シュリーマンには、暗唱は効果があったわけです。

中学英語レベルの学習に暗唱は役に立つ

英語のプロは、中学校の教科書をまるまる暗唱している!?

これまでに、中学校の教科書を丸ごと暗唱したという方、お二人に出会ったことがあります。お二人とも、現在は英語を使ってお仕事をされている方です。

お一人目は、字幕、吹き替えの映像翻訳者の三浦さんです。

お母さまの勧めで、中学の教科書を丸暗記したそうです。思春期でもあり、親に言われたことをするのは正直いやだと思ったそうです。しかし、英語は大好きな科目でもあり、覚えること自体は苦にならず、むしろ、他の国の言葉を自分で言えるのは、面白いと感じられたそうです。

もう一人は、同時通訳者の山下さんです。

中学校でのスピーチコンテストをきっかけに、中学の教科書を1年から3年まで、全部暗唱されたそうです。

そして、それが、英語の基礎力として、非常に役に立ったそうです。

田村の場合:英語編

私も特許翻訳をしていましたし、英語のプロの端くれではありますが、中学校のテキストを丸々暗唱することは、考えもしませんでした。

コンテストのために、教科書のごく一部を暗唱したことはあります。

しかし、私にとっては、暗唱はあくまでコンテストのためで、自主的に教科書の他の章を暗唱することは、ありませんでした。

それでも、英語は教科としても得意でしたし、修学旅行先で外国人観光客と話したりもしていました。

私の場合は暗唱よりも、ラジオ講座で様々なパターンの英文をリピーティングしたことが効いたのだと思います。

田村の場合:韓国語編

英語では暗唱はしませんでしたが、韓国語の入門期には暗唱をしたことがあります。韓国語の童話を易しく書き直したCD付きの対訳テキストを使い、そのまま暗唱しました。

初級レベルの文法を、文章の中で覚えられたことは、非常に良かったと感じています。

暗唱に意味はあるのか?

結局のところ、暗唱で語学を勉強した人もいますし、そうでない人もいます。どちらが絶対ということはありません。

暗唱しても、しなくても、どちらでもよいのです。

暗唱は、入門から初級段階で効果的

一つ確かに言えるのは、暗唱は、入門から初級の段階で効果的であるということです。

私の交友範囲では、中学の教科書を暗唱したという方はいらっしゃいますが、高校の教科書を丸ごと暗唱したという方には、お会いしたことがありません。

つまり、暗唱は英語の基礎固めの時期に特に有効なのでしょうね。

暗唱による勉強法のデメリットは、時間がかかることです。高校の教科書を全て暗唱しようとしたら、相当な時間がかかることでしょう。

TOEIC対策に暗唱を取り入れるべきか?

一般的に、TOEICに取り組むレベルの場合は、入門、初級レベルは脱している場合が多いことと思います。

ですから、私は、TOEIC対策として暗唱はお勧めしていません。

しかし、今、入門から初級の段階で、暗唱が苦にならない場合は、暗唱を取り入れるのもよいでしょう。

TOEIC対策としての暗唱:入門、初級レベルの場合

英語が入門、初級レベルで、暗唱が苦にならない場合は、TOEIC対策に暗唱を取り入れるのも一案です。

名文や物語の暗唱はトイックに効果ある?

どうせ暗唱するのであれば、名文や、物語が暗唱できたら、カッコいいですね。

長い目で見れば、英語力のアップに効果はあるでしょう。

ただし、TOEIC対策として考えると、名文や物語の暗唱は、直接的にはスコアアップに結びつきません。

TOEIC対策の場合に、暗唱する例文は?

TOEIC対策として暗唱するのであれば、文法のテキストの例文や、公式問題集を題材として使うことをお勧めします。

TOEICのリスニングパート2、3は会話文が多いですから、暗唱しておくと、そのまま英会話にも活かせます。

さらに、音声も付属していますから、ネイティブの発音をお手本にして、リピーティングから、始めることができます。

TOEIC対策で暗唱する場合の注意点

暗唱する際には、英文テキスト全部を覚えようとしないことがコツです。

たとえば、知らない表現を含む文に絞ったり、また、枝葉を落としてシンプルな文にして暗唱したりするとよいです。

全部を丸々暗唱しようとしたら、とてつもない時間がかかります。

音読、リピート、リプロダクションや、リテンションもお勧め

暗唱しなくても、音読やリピーティング、また、瞬間的に暗唱するリプロダクションや、リテンションでも、十分効果はあります。

無理に暗唱する必要は、全くありません。

あくまで、入門、初級レベルにおいて、暗唱したいのでしたら、取り入れれば良いという程度です。

初心者さんのTOEIC勉強方法は、こちらの記事もご参考になさってください。

タイトルとURLをコピーしました