1. TOP
  2. TOEICハイスコア
  3. TOEIC900点の難易度は?オススメの勉強法や体験談を紹介!

TOEIC900点の難易度は?オススメの勉強法や体験談を紹介!

toeic945点のご報告いただきました。

● TOEIC900点の難易度は?オススメの勉強法や体験談を紹介!

こんにちは。田村恵理子です。

TOEIC900点は、特別な人のものではありません。

700点、800点と、積み重ねていった先に、900点があるだけなのです。

「945点。予想以上に伸びて嬉しいかぎりです。」

900点が目標だったメルマガ読者さんからも、うれしいご報告をいただいています。

この記事では、TOEIC900点をとるメリット、TOEIC900点を取る勉強法、体験談などを、まとめました。

上の945点を達成したメルマガ読者さんの、スコアアップの軌跡や体験談も、ご紹介しています。

TOEIC900点の難易度は?本当にスゴイの?

TOEIC900点でも、話せないという声もありますが?

TOEIC900点の人が「英語はできない、話せない。」と言っている場合、話すトレーニングをしていないから、これに尽きます。

トーイックの勉強をされる際に、音読や、リピーティングなど、声を出す勉強を取り入れることをオススメします。

TOEICテスト自体は、かなり、実用的な試験です。

会話でも、メールでもすぐに使える表現が満載なのです。

TOEIC900点台のメルマガ読者さんの声です。

出張で役に立つかな?・・・と最初は思いましたが、

海外で英会話が必要な場面で、TOEICは実用に役に立つことを実感しました!

TOEICの頻出単語や、リスニングに出てくる言い回しなど、

実際に使えるものばかりだったのですね!

実際のところ、TOEIC900の英語力とは?

英語が「できる」「できない」というのは、主観的な部分も大きいです。

そして、英語は、できるようになれば、なった分、自分の英語はまだまだだ、ということも分かって来ます。

例えば、TOEIC600点台の時には、TOEIC700点ってすごい!と思いますが、TOEIC700点とると、まだまだ、先があることが見えてきます。

TOEIC900点も、900点取ってみて、初めて、思ったほどすごくないということが分かるのです。

ですから、TOEIC900点の人が、「英語はできない、話せない。」と言った場合、そう感じているのは、本当の話です。

そうは言っても、TOEIC700点と、900点の英語力は、全然違います。

TOEIC700点レベルの「できない」と、900点レベルの「できない」は、全然、違うわけです。

少し上に登るたびに、それまで見えなかった景色が見えてくるのです。

子供の時は、20歳は、立派な大人で、なんでも分かっているように思えたのに、20歳になってみれば、実はまだまだ、分からないことだらけ、という感覚と似ているかもしれません。

TOEIC900点はスタートライン?

もちろん、TOEIC900点をとっても、まだまだ万能ではありません。TOEICテストは、ビジネス英語のベーシックなのです。

実際に、お仕事で英語を使う場合は、その業界の専門用語も必要になります。交渉や、プレゼン等の、英語以外のスキルも必要となります。

翻訳者や通訳者を目指す場合も、同じです。英語力以外に、翻訳スキル、通訳のスキルが必要となります。

私自身、初めて翻訳した時は、TOEIC900点台後半でしたが、翻訳は未経験でした。最初の案件は1ページ訳すだけで、もう本当に大変だったことを覚えています。^^;

TOEIC900点を取ったからと言って、すぐに英語で仕事ができるわけではありません。考えてみれば当然ですよね。

その意味で、「TOEIC900点はスタートライン」と言われるのでしょう。950点や、それ以上を目指しましょうという意味ではありません。

TOEICは900点で卒業して、専門分野の英語に、フォーカスされるとよいと思います。

 

TOEIC900点にメリットはあるのか?

転職、就職の際にTOEIC900点の英語力が有利となる求人

英語のプロを目指す場合は、TOEIC900点が有利になることもあります。

翻訳会社の登録は、TOEIC900点が条件になることも多いようです。

また、秘書、事務職でも、TOEIC900点が有利となる場合もあります。例えば外資系企業の秘書、インターナショナルスクールの事務、特許事務所の英文事務など、TOEIC900点が要件とされたり、優遇されたりします。

企業では、海外部門で仕事をする際に、TOEIC900点が条件となることもあるようです。

某省庁では、TOEIC900点が、海外留学の要件になっているそうです。

TOEIC900点が有利となる資格

全国通訳案内士

全国通訳案内士の制度や試験の内容は、2018年度から、変わりました。

英語の筆記試験は、TOEICリスニング&リーディング900点で、免除されます。TOEICスピーキング、ライティングテストでも、免除されます。

・TOEICテストL/R 900点以上
・TOEICスピーキングテスト160点以上
・TOEICライティングテスト170点以上

なお、通訳ガイドのTOEICによる免除要件については、有効期限があります。

全国通訳案内士の制度や試験について詳しくは、こちらの記事を、ご覧ください。

平成30年度の全国通訳案内士(ガイド)の制度、試験科目、試験日は?【2018年2月25日更新】

TOEIC900点を取るための勉強法

参考書、テキスト、問題集は?やはり公式問題集から。

実は、TOEIC900点を取るためにも、まずは、公式問題集です。公式問題集だけでも、十分な場合もあります。

TOEIC945点を達成されたメルマガ読者さんの、メッセージです。

田村先生おはようございます。

昨日結果分かり、自分の予想よりよかったので、喜んでます。

お礼を兼ねて、以下ご報告します。

半年ちょっと前に、先生から、兎に角TOEIC試験を申し込む、公式問題集を買ってやり始めることというアドバイスを受け、素直にやってみました。

10月840点、最後の3題(3×5)やり残し。

12月875点、時間内に全部できたのに、点数伸び少。

3月945点。予想以上に伸びて嬉しいかぎりです。

今回、力を入れた所は、豪州人の若手のトークが聞き取りにくいと感じ、最新の緑の問題集の豪州人のパートは、聞き取り、リピート、読み上げなど集中してやりました。

その成果がリスニング490点となりました。

(以下略)

「兎に角TOEIC試験を申し込む、公式問題集を買ってやり始める」は、実は、メルマガの1通目で、お届けしているアドバイスです。

こちらの方は、半年ほど前に、メルマガに登録されて、すぐに、素直に実行されたのですね。

そして、公式問題集を中心に勉強して、目標の900点突破されました。

すぐに行動する!これは、大きなポイントですね。

そして、やはり公式問題集は、最強ですね。^^

TOEIC900点に必要な単語数は?

TOEICテストでは、出題される単語の範囲が公表されているわけではありません。

さらに、ある学習者が知っている単語の数も、実際に測定することは、できません。

ですから、あくまで目安ですが、一説によると、TOEIC900点に必要な単語数は、1万語から1万2000語くらいと言われています。

もちろん、トーイックテストに出てくる単語を、すべて知っている必要は、ありません。

知らない単語があっても、TOEIC900点は取れます。満点すら取れます。私も、TOEICテストは満点を取っていますが、いまだに知らない単語に出会うこともあります。

日本語でも、広辞苑や、大辞林にのっている言葉を全て知っているわけでありませんよね。

実際に、TOEICで出会った面白い表現や、単語は、こちらの記事の中ほどに書いています。

TOEIC勉強法!初心者から900点までのリスニング&リーディング (L/R)対策

TOEIC900点は独学で可能?

英語の場合は、独学とはいっても、中学、高校、大学などで、授業を受けてきているわけです。

その意味で、ゼロから完全に独学というケースは、ほぼないのでは、ないでしょうか?

「独学」の定義を、TOEIC対策の勉強をするにあたり、スクールに通ったり、通信講座を受けたりせずに、勉強することとすれば、独学でTOEIC900点は可能です。

メルマガだけで、TOEIC900点台を達成されている方も、いらっしゃいます。

先行者の知恵を、利用された方が、早いとは思います。

トーイック900点オーバーのメルマガ読者さんの声です。

○月の受験後、もう一回、TOEICを受けようかどうか迷っていたときに、田村さんとお会いし、メルマガを購読し始めました。

そこに書いてありましたのは・・・

今回、有難いことに前回より約40点スコアが伸びていたのですが、、、

そんな私が、手探りでなんとなくやっていたことでした!

しかも、それが、きちんとしたわかりやすい文章ではっきりと!

「これでいいのかな?」と、多少の不安を抱えながら、ちょろちょろとTOEICの準備をやっていたことを思いますと、

もう少し早くこのメルマガを購読して、自信を持って学習すればよかったな、と思っています!

田村さんのメルマガで、受験に役立つ情報を集めさせていただきたいと思います^^

 

TOEIC対策の勉強は、短期集中がオススメ

社会人や、主婦の場合、やはり、TOEICの勉強は、短期集中がオススメです。

例えば、2年間で200点、TOEICスコアをあげたい場合を考えます。

2年間少しずつ継続して、TOEIC対策の英語の勉強をするより、2年間のうちに、3ヶ月集中する時期を2、3回取る計画の方が、成功しやすいです。

メリハリがある方が、集中力や、モチベーションが、違ってくることも一因と思います。

短期集中で900点を目指す場合にオススメのTOEICオンライン教材

TOEICパート7を得点源に!新形式TOEICテストPART7対策講座

\ SNSでシェアしよう! /

TOEIC研究室Bの注目記事を受け取ろう

toeic945点のご報告いただきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TOEIC研究室Bの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
TOEICテストで3ヶ月で100点アップする方法
メルマガ読者さまの声

「945点。予想以上に伸びて嬉しいかぎりです。」

「先日のTOEIC IP テストの結果が返ってきました!結果は スコア〇〇〇。目標スコア達成です(^^)」

「もう少し早くこのメルマガを購読して、自信を持って学習すればよかったな、と思っています!」

「課題のReadingは始めて300点台を超えました。」

「初めての公開テスト受験でしたが、あっさり600点に到達しました。」

「公開テストの結果は過去最高のスコア〇〇〇でした。」

「スケジュールの立て方、勉強方法など、とても役にたちました。ありがとうございました。」



.




TOEIC3ヶ月100点アップ勉強法を読む

関連記事

  • TOEICオンライン通信講座の生徒さまの声

  • TOEIC第227回の感想と結果【1月28日速報】 

  • 6月24日のTOEIC第231回 (L&R)申し込み開始です!5月15日締切

  • TOEIC第229回の感想と結果【4月8日速報】

  • 育休中にTOEIC、英語の勉強をする時のコツ

  • TOEIC頻出イディオムの一覧と覚え方!よく出る10の熟語とおススメの問題集